ネイルスクール 口コミ

ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

ネイルネイルスクールの口コミ、と評判・ネイルの資格を取るための決定版!ネイリストになる夢を叶えたい方の応援サイトです!!

無料でネイルスクールに通えるかも?ハローワークのネイル講座がおすすめ

shokugyou3

無料でネイルスクールに通える、ハローワーク主催のネイル講座がおすすめ!

一人暮らしをしていて、今収入がない、もしくは収入が少ないけれど、なんどかしてネイルの資格をとりたい!という方もいいらっしゃるのではないでしょうか?

条件がありますが、「職業訓練校」に通えば、無料でネイルスクールに通うことができ、しかも、職業訓練給付金として、月10万を受け取ることができるかもしれません。世帯収入が少ない、失業していて収入がないことが原則になりますが、条件に当てはまる方は、ネイルスクールの職業訓練を検討されることをおすすめいたします。

応募条件は、以下になります。

職業訓練の応募資格
  1. 受講日からさかのぼって1年以内に職業訓練を受けていないこと
  2. 雇用保険に加入できなかった方
  3. 雇用保険受給中に再就職できないまま支給終了した方、
  4. 雇用保険の加入期間が足りずに雇用保険を受けられない方
  5. 自営廃業者の方、学卒未就職者の方

 

職業訓練受講中は、職業訓練受講給付金(月10万円)を受け取ることができる

雇用保険を受けられない方に対して、「求職者支援制度」があり、職業訓練受講中は、10万円の給付金を受け取ることができます。

厚生労働省の求職者支援制度についてのページ(→求職者支援制度

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)は、次の要件のすべてに該当する方が対象となります。

  1. 本人収入が月8万円以下
  2. 世帯全体の収入が月25万円以下
  3. 世帯全体の金融資産が300万円以下
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  5. 全ての訓練実施日に出席している
    (やむを得ない理由がある場合でも、支給申請の対象となる各訓練期間の8割以上出席している)
  6. 同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

 

  1. * 訓練期間中から訓練終了後、定期的にハローワークに来所し、職業相談を受けることが必要です。
  2. * 過去にこの給付金を受給したことがある場合は、前回の受給から6年以上経過していることが必要です(連続受講の場合を除きます)

出典:厚生労働省 求職者支援制度

失業保険が支給される対象者の方には、訓練期間分失業保険給付が延長される

 

失業保険の給付者には、失業給付が切れてしまっても、職業訓練期間中は失業保険給付が延長されます。

つまり

  • 雇用保険の給付を受けられない方・・・職業訓練受講給付金(月10万円)
  • 雇用保険受給資格のある方・・・雇用保険の受取の延長ができる

 

ということになります。

さらにどちらも、交通費も支給されます。

職業訓練のネイルスクールは?

募集期間

募集時期は年に数回定期的に行われています。

募集中、募集前、過去に募集していたネイルスクールの情報は、こちらから確認ができます。

職業訓練検索

取れる資格

2級、3級までのフォローが多いようです。1級を目指す場合には、個人的にスクールに行きなおすか、サロンに就職後、自力で資格取得の必要がありそうです。

職業訓練ネイルスクールの例

東京のフェリスネイルスクールの例です。

  • 4か月間、毎日(平日)9時50分から16時20分まで
  • 自己負担は、7100円のみ

shokugyou

こちらのスクールの就職率は非常に高く、97%~100%の就職率になっています。(他のスクールで非常に就職率が低いところもありましたので、確認したほうがよさそうです。)

shokugyou2

先にいいましたように、1級の資格を取るには、こちらのスクールだけではなくて、個人的に勉強する必要があります。ネイリストとして性写真で就職したい、ある程度のお給料が欲しい場合には1級取得に向けたスクールへの通い直しが必要かもしれません。

しかし、2級の技術までは努力しだいで無料で身に着けることができます。

さらに、給付金もありますので、経済的に厳しいけれど、将来ネイリストになりたい!という方は、積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

まずは、もよりのハローワークに電話もしくは出向いて相談してみましょう。

もよりのハローワークを調べるにはこちらから。→ハローワーク所在地一覧

ネイルスクールの口コミガイドTOP

ネイルボランティアをやってみよう!

2c5bb753ad5a625596dc1f2d4faab710_s「ネイルボランティア」って、何となく敷居が高く感じたりしませんか?
実際にやっちゃってる人を見たりすると、「すごいな〜偉いな〜」とは思うけど、「自分にはちょっと…」と二の足を踏んでしまう。

私自身、やってみる前はそうでした。
でもそんな敷居の高いものではないし、ほんの少しの勇気とほんの少しの行動力があれば、びっくりするぐらい素晴らしい体験ができるんですよ。

 

ネイルボランティアはこんな感じでした

はじめの一歩から、さらに二歩目、三歩目と進めた私の体験は、ほんの少し勇気を出したことで、まわりの人が素敵なご縁をつないでくれてできあがったものでした。

友人に相談したことが「はじめの一歩」

ネイルをお勉強してお仕事にし始めた頃、ネイルボランティアにも興味を持ち、チャレンジしたいと思うようになりました。

でも、どうやって始めたらいいのかわからない。
バイトなら履歴書持って面接に行けば済むハナシですが、ボランティアの始め方なんてわかりませんでした。

そこでまず、高校時代からの友人が福祉施設で働いていることを知り、卒業以来疎遠になってはいましたが思い切ってその子に相談してみました。
自分がやっていることと、福祉の現場で、それを使って何か役に立てることはないかと。

その子が言ってくれたんです。
「じゃあ、一回ウチ(の施設)でやってみる?」
彼女のこの一言が、すべての歯車がまわりだしたきっかけでした。

発信・発信・発信!でとにかく知ってもらう

友人が勤めていた施設さんで、はじめてネイルボランティアをさせてもらう際、事前にスタッフの方に許可をいただき、たくさん写真を撮らせていただきました。

それを加工し個人が特定できないように配慮して、ブログの記事として載せたんです。
写真をいっぱい使って、どんな雰囲気でどんな楽しいことをしたのかが伝わるように。

そうしているうちに、記事を見た施設さんから、お声がかかるようになりました。
「うちでもやってもらえますか?」と。

新たな場所で実施させてもらったら、またそのことを記事にして…を繰り返していると、どんどん実績が増えていきました。
経験が増えると自信にもつながりますし、信用度もアップしますんで、よりスムーズに活動できるようにまりました。

ニーズが多いのは高齢者施設

いろんなタイプの施設さんでネイルボランティアを実施してきましたが、お声がかかった中で一番多かったのは、デイサービスなどの高齢者を対象とした施設さんです。

高齢者施設の利用者様は女性の割合が多く、ネイルは単純に喜んでもらえるんです。
午後のレクリエーションの時間に実施してほしいとか、施設のイベントの目玉にしたいとか、ご希望内容は様々でした。

みんなで歌を歌うとか体操するとか、踊りの発表を観るとかはもうマンネリ化してきた中、ネイルボランティアは新鮮で、喜んでくださる利用者様が多かったようです。

 

ネイルボランティアをやってみて感じたこと・得たこと

ネイルボランティアをやってみた感想としては、ありがとうと言ってもらえて嬉しいとか、女性はキレイになると年齢問わず嬉しいもんだとかは、ある意味想像のつく範囲のことですが、それとは別に私が実感したのは以下のことでした。

笑顔にさせてもらってるのはこっち

おばあちゃまが気持ちを高揚させながら「こんなキレイにしてもろて〜〜もっかい嫁にいかんにゃならんなぁ〜〜。」とスタッフの方と笑い合っておられる姿を見ていると、心の底からあたたかく強いものが沸き上がってきます。
その沸き上がってくるものによって、思わず笑顔になってしまうんです。

笑顔になってもらおうと思ってやりはじめたつもりでしたが、笑顔にさせてもらってるのはむしろこちらの方でした。

純粋に助け合える仲間が見つかった

ネイルボランティアを一緒にしようと募った呼びかけに集まってくれたネイリストさんたち。
この人たちはみな、ホスピタリティにあふれた素晴らしい人たちでした。

こういった人と一緒にいるのは心地いいですし、接客業という点においても信用できます。
そのためボランティアの枠を超えて、イベントお仕事でご一緒することもありましたし、今でも交流は続いています。

 

どのように募集するのか

ネイルボランティアの受け入れ先を探すのにも、一緒に活動する仲間を探すのにも、両方に共通して言えるのはこの2点です。

Webのチカラはフル活用するべし

ホームページやブログでの発信はもちろんのこと、twitterやFacebookなどのSNSは、あなたがネイルボランティアをしようと思っていること、現在していることを広く知ってもらう上で、非常に有効なツールです。

ネイルボランティアに来てほしい施設さんも、やりたいと思っているネイリストさんも、web上で検索してヒントを探している可能性は非常に高いので、ぜひとも使えるものは惜しみなく活用してくださいね。
そこから始まる素敵なご縁が、きっとあると思います。

地域密着で身近なところから

受け入れ先を探す場合は特に、あなたが実際に足を運べる範囲で探す必要があります。
近所のデイサービスセンターや特別養護老人ホームなど、身近なところにある施設さんにご案内をお渡しして反応を見てみてはいかがでしょうか。

また、地域限定の掲示板や地元の知人、お店など、使えるキッカケはたくさんありますよ。

 

ネイルボランティアをする際に気をつけてほしい5つのこと

実際にネイルボランティアをやってきた中で実感したことなんですが、これからやろうと考えている人にはぜひ気をつけてほしいことがあります。

1.お仕事とボランティアの線引きをしっかり決めておく

これが曖昧だと、いつか自分の首を絞めるだけでなく、先方にもご迷惑がかかってしまいます。
また、お客様として有料でサービスを受けてくださっている方に対して失礼になることもありますんで、自分の中での線引きは明確にしておきましょう。

2.ボランティアだからといって手を抜かない

人の身体に触れて行う施術ですから、いい加減なことは絶対にしてはいけません。
経験の浅深に関わらず、プロのネイリストとしてしっかり施術してくださいね。

3.相手の身体的な特徴や体調、心の状態に合わせる

高齢者の場合、指がまっすぐ伸びなかったり、車いすのまま施術することはよくあります。
また、初めてのネイルに戸惑う方もいらっしゃるので、現場のスタッフの方のサポートを仰ぎつつ、相手に全面的に合わせるよう心がけましょう。

4.受け入れ先のルールを尊重する

施設さんによって異なるルールは多々あります。
自分で判断したりせず、先方の指示に従ってください。

5.無理をしない

あなた自身が生活を犠牲にしたりお仕事に支障が出てしまっては元も子もありません。
自分にできる範囲のことに、精一杯取り組みましょう。

 

まとめ

今回お伝えしたのは、あくまでも私自身の体験談です。
でも人や場所が違っても、根本にあるものは、きっと同じだと思います。

ネイルが好き。
ネイルで人を幸せにしたい。

お仕事とはまた違う角度でこの想いを実現できるネイルボランティアは、
やってみようという気持ちがある方にはぜひとも体験してみてほしいことです。

現在ネイリストとして活動している人も、ネイルをお勉強中の人も、
がんばって身につけた知識と技術を世の中の役に立てて、あなた自身の成長の糧にしてくださいね。

 

ネイルサロンに就職すると、技術力アップの研修は受けられるの?

やっと、憧れのネイルサロンに就職!でもスクールを卒業したばかりで、いざ施術となったらこわい・・技術力がアップすれば、自信がついて、施術もどんとこい!ですよね。そこで疑問。サロンに就職すると、技術力をアップさせる研修って、受けられるのかな?

■答えは、「サロンによって(または本人の技術力によって)」かな?

基本的にほとんどのサロンは、スタッフの技術力をアップさせるための研修を行っています。まれに個人経営のネイルサロンで、経験者且つ検定1級以上保持のベテランスタッフしか採用しないため、研修はしないというサロンもあります。

■研修の内容はどんなもの?

kensyu
技術力をアップさせる以外にも、以下のような研修を受けることができます。大手のサロンほど、マニュアルが徹底されているので、研修もしっかり受けることができます。(あまりハードだと、研修中に逃げるスタッフもいるらしい・・笑)

技術研修

→初心者は、店側が提供するメニューを全てできるようにするための研修が主で、上級者は、さらに技術力をアップさせたステップアップ研修になります。

接客研修

→お客様にリラックスしていただけて、満足してもらえる接客術を学びます。

事務作業研修

→電話応対、掃除、備品補充など・・意外にネイルサロンは事務が多いものです。

クレーム対応研修

→接客面と技術面でのクレーム対応用研修です。

■研修中、お給料が支払われないサロンもある!?(なんてこった!)

kyuryo
当時私の働いていたサロンは、勤務中にモデルを呼ぶことができ、メニューの練習をすることができました。勤務時間は、モデルで練習以外にも、できるようになったメニューの施術、電話応対や事務作業、掃除に備品の補充などをOJTで行うので、当然、お給料は支払われます。これがいわゆる「入社後の研修」でした。

しかし、実技テストに受かるまでは、お給料を支払ってもらうことができない、というサロンもあります。これが、業界内では結構多いみたい・・。ちなみに、私が働いていたサロンも、辞めてから数年後、研修中はお給料なしになりました。(そのかわり、店には立たず研修室での研修です)研修中の給与の支払いについては、面接で要確認!ですね。(言いにくいトコロだけど、大事!)

■その他こんな研修もありました!

私が勤務していたサロンでは、週に一回、勤務終了後にネイリストで集まって、その月に発生したクレームの共有や、クレームを発生させないための施術の仕方、てこずるメニューの対処法などを皆で話し合って、スタッフ全員で共有する時間を持つようにしていました。(これは研修というより、勉強会っていう感じ?)

これが結構良かったと思います。営業時間内だと、店をまわすことに必死になりがちで、そのときそのときの対処になってしまいがちです。しかし、発生した問題を皆で共有することで、今後同じ問題を発生させないための解決法や、対処法を皆の意見をきいて学べるので、クレームをいただいてしまったスタッフも、「次はこうすればいいんだ」と前向きになれます。

なによりサロンで起こっている問題を、スタッフが(または店長が)ひとりで抱えずに、みんなで共有し自分の問題として考え、答えを出すことができるから、チームワークが格段に良くなります。(しかしこれが、結構時間を取ります笑。なので当時は、こんなに一生懸命仕事のこと考えたり練習しているのに、お給料でないのって、ツライなぁ・・とか思っていました。。いや~、大人になったもんだ笑)

■まとめ

研修がしっかりしているサロンは、厳しいと思われがちですが、サロン勤務の基礎を徹底的に学ぶことができます。自分の技術や接客に自信がない場合は、しっかりと研修を行っているサロンに就職するのもいいですね。また、スクール生のうちから、併設しているサロンで、実際にお客様に施術を行う研修を行うことのできるスクールもあります。(いわゆるスチューデントサロンと呼ばれているやつ)

いきなりサロンデビューするのはこわいな~と思う方は、このようなスクールで経験を積むのもいいと思います。何はともあれ、本人のやる気と努力が一番大事です。日々コツコツと地味ですが努力して、技術力アップを目指しましょう!

ネイルスクール口コミ評判・完全ガイドTOP

現役ネイリストのコラム⑤ ネイリストになったきっかけと、やっていて良かった!というやりがい

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

 

今回は、わたし自身がネイリストになったきっかけや、

ネイルを通してお客様に接するなかで日々感じることをお伝えしますね。

 

あくまでのわたしの個人的なおハナシなんで、ためになるようなものではありませんが、

こんなパターンもあるんだなと思って軽く読み流してください☆

 

 

 

ネイリストになったきっかけ〜わたしの場合〜

 

現在フリーのネイリストとして活動していますが、

学校を卒業してからはネイルとは全く関係のない会社に就職して数年働き、

そこで働きながら資格を取ってネイリストになった、いわゆる『転職組』です。

 

転職という自分にとって大きな決断に至ったのは、

ほんの小さなきっかけが積み重なった結果だったように思います。

 

ただ「好き」で楽しんでいたネイル

 

好きだからこそ貪欲に独学

 

学生時代から、気に入ったマニキュアを見つけては買い、アート材料をちょこまかと買い集め、

ネイル雑誌を眺めてはマネできそうなものをマネして遊んでいました。

 

好きこそ物の上手なれ、とはよく言ったもんで、貪欲にできることを増やしていました。

 

 

学生時代に感じた「喜んでもらえる喜び」

 

卒業式のとき、仲のよかった友人たちに、それぞれの着物や袴に合ったネイルをしました。

どんなカラーやデザインがいいか考えるのも楽しかったですし、

出来上がったときに友人たちが「かわい〜♪」と喜んでくれたのが何より嬉しかったです。

 

人にネイルをしてそれで喜んでもらえることで感じられる喜びの大きさを、

このときはじめて知りました。

 

 

本格的にお勉強をしたことで火がついた!?

 

ネイルスクールに通ってから「ネイルを仕事にする」を意識するように

 

とはいえネイルを仕事にするという発想は当時のわたしにはなく、

ネイルとは全然関係のない会社い就職しました。

 

そんな折、知人が経営しているネイルサロンでネイルスクールをされてることを知り、

仕事をしながらそこに通うことになりました。

 

最初はネイリストになるつもりではなく、ただ興味があるからもっと詳しくなりたい、

ぐらいの気持ちではじめたんですが、やってみるともう…ハマってしまいました。

 

ネイルの勉強も練習も、楽しくて楽しくて仕方ないのです。

 

徹夜しても平気なぐらい練習に没頭

 

通っていたスクールは自宅から片道2時間近くかかる場所だったため仕事後は行けず、

お休みの日に通って、仕事がある日は帰ってから毎日練習していました。

 

練習に没頭していて気がつけば朝、なんてこともしばしば。

それでも全然苦痛じゃなく、むしろ楽しかったので、

ネイルを仕事にできたらどれだけ幸せだろう…と真剣に考えるようになりました。

 

そうなるともう止まりませんでした。

今から思えば後先何も考えずにですが、勤めていた会社を辞めて、ネイリストになりました。

 

 

 

ネイリストをやっていて良かった!と思える瞬間

 

仕事を通して感じる「やっていて良かった!」

 

何よりも、目の前にいるお客様に笑顔になっていただけて、

その喜びをダイレクトに感じられることです。

 

一対一の施術というカタチだからこそお客様との距離も近く、たくさんお話もできて、

キレイになったネイルで幸せを感じてもらえているのを直に感じられるこの感じは、

やみつきになります。

 

 

ボランティア活動を通して感じる「やっていて良かった!」

 

お客様への施術以外に、不定期でボランティアネイルをしていたんですが、

これはこれで学ばせてもらえることがたくさんありました。

 

ネイルがキレイになると、おばあちゃまたちはこれ以上ないほど素敵な笑顔になられるのですが、

それを見てこちらも、ものすごく幸せな気持ちにさせてもらえるんです。

 

ボランティアは完全に自己満足だと自覚していますが、ネイルで幸せにしてあげてるんじゃなくて、

むしろわたしたちが幸せにしてもらってるんだと感じられた体験でした。

 

 

 

 

振り返ってみて…

 

ネイルがあったからこその出逢いや、経験できたことはたくさんありますが、

どれも自分にとってかけがえのないものになっています。

 

これからネイリストを目指される方も、ネイルを通してたくさんの経験をして、

どんどん成長していってくださいね☆