ネイルスクール 口コミ

ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

ネイルネイルスクールの口コミ、と評判・ネイルの資格を取るための決定版!ネイリストになる夢を叶えたい方の応援サイトです!!

出張ネイルのやり方・始め方のいろは。店舗がなくてもネイリストに!

home
「ネイリストになって、自分のお店が持ちたい!」
自分の想いがこもったお店をつくって、大切なお客様にネイルで笑顔になっていただく—。

今現在ネイルサロンでお勤め中の方や、これからネイリストになろうという方の中には、
そんな目標をもってがんばっておられる方が少なからずいらっしゃいますよね。

とはいえ…
「店舗を借りられるだけの資金は準備できない…。」
「自宅サロンをしようにも、ウチのスペースにそんな余裕ないし…。」
と、夢をあきらめかけている方もいらっしゃるかと思います。

そんな人におすすめするのは、『出張ネイル』という選択肢です。

今回は、フリーのネイリストとして店舗を持たずに活動し続けてきた私が、
自身の経験をもとに、出張ネイルのはじめ方についてお伝えしていこうと思います。

出張ネイルの種類

出張ネイルには、大きく分けると次の3種類があります。

・個人宅訪問型
…お客様のご自宅にお伺いし、ネイルの施術をおこないます。
・異業種店舗提携型
…美容院やエステサロン、カフェなどと提携し、店舗に出向いて施術します。
・イベント出店型
…企業イベント等でブースを構え、ネイルサービスを提供します。

このように、店舗を持たずにネイルサービスを行う方法はたくさんあります。
今回は、この中でも「個人宅訪問型」についてお伝えしていきますね。

「おうちネイル」を仕事にする上で大切な5つのこと

出張ネイルをはじめるにあたり、考えるべきこと、準備することはたくさんあります。
きちんとお仕事として、お客様のおうちにお伺いして出張ネイルをするということは、
簡単なようで実はとても奥が深いのです。

決まった場所で施術するサロン業務とは、かなり勝手が違ってきます。
仮にあなたがサロン業務の経験が豊富であったとしても、出張ネイルをはじめるのであれば、
以下の5つのことは必ずイメージしてからにした方がいいでしょう。

1. 何を用意すればいい?

ネイル施術道具全般

ネイル施術に必要なものは全て用意してください。
ファイルやニッパー、プッシャー、エプロンやマスクなど、検定試験で必要とされるものは一通りです。
例えばジェルネイルで施術する場合は、ジェルや筆、アセトン、ランプ、アート材料全般が、
そこにプラスで必要になります。
また、キッチンペーパーやタオルなどは余裕を持たせて用意しておいた方がいいでしょう。

延長コード

施術させていただく場所から電源まで距離があり、UVランプや手元照明のコードのみでは、
長さが足りない場合があります。

一般的な大きさのおうちにお伺いするのであれば、2メートル程度の長さがあれば、
ほぼ対応できるのではないかと思います。

暑さ・寒さ対策グッズ

ご自宅で待っておられて、ゆったり座って施術を受けておられるお客様と、
外から移動してきて、頭と身体を使って施術しているネイリストとでは、
体感温度はかなり違ってきます。

こちらはお客様のお宅にお伺いさせていただく身なので、室内の設定温度は、
お客様が快適に感じられる温度にしていただきましょう。

その上で、自分が暑く感じる場合は汗を拭えるように小さなタオルを用意したり、
脱ぎ着できる服装で調整します。
逆に寒い場合は、上から羽織るものや膝掛け、カイロなどを用意しておいてもいいでしょう。
いずれの場合も、臨機応変な対応ができるよう準備しておきましょうね。

手元照明

絶対ではありませんが、あると便利な場合があります。

お伺いする先によっては、照明が暗めの場合があります。
細かい作業をする上で支障が出るのであれば、必要でしょう。

また、照明の色味が黄色系のこともあります。
その場合、ネイルで使用するカラーが実際のものとはかなり違って見えます。
仕上がってから「思ってたのと違った」では、お客様のご不満につながります。

光による色の見え方の違いも計算した上での色のご提案が難しければ、
白色系の照明を持参するのもひとつかと思います。

正座椅子

これも絶対ではありませんが、個人的にはあると非常に便利だと思います。

お客様のご自宅の場合、サロンのように施術場所が一定ではありません。
テーブルと椅子の場合もあれば、座卓で床に直接座ってということもあります。

施術の間の1〜2時間ずっと正座というのは、脚にものすごく負担がかかります。
しびれるだけでなく、何度も繰り返すことで、膝にも影響がでてきます。
(私の場合、普段の生活でも一時的に脚がまっすぐ伸ばせなくなりました。)

正座での生活になれている方なら問題ないかと思いますが、
そんなに大きなものでもないですし、ひとつバッグに忍ばせておくと安心です。

小型のクルマ

よほど交通網が発達した地域でない限り、車があるとないとでは、
出張ネイルの効率は大きく違ってきます。

駐車場の事情や一日何件移動するのかにもよりますが、荷物の多い出張ネイルでは、
小型のクルマはとても重宝します。

なぜ小型かといいますと、お客様のお宅や近隣の道路事情などにより、
大型のクルマでは高さや長さで制限がでてきてしまうことがあるからなんです。

雨の日の移動になることもあります。寒い日も暑い日もあります。
用意していった消耗品が思わぬハプニングで大量に消費され、
次のお宅に行くのに足りない…なんてことにならないためのストックも必要です。

そういった思わぬ事態に臨機応変に対応するためにも、
自分と荷物とが乗れるだけのクルマがあると、とても安心ですよ。

2.どうやってお客様をつくるの?

店舗をかまえていれば、道行く人にはそれだけでお店の存在を知っていただけます。
が、出張ネイルではそうはいきません。
自分から存在をアピールしていかないと、誰にも気づいてもらえません。

そのため、ホームページやブログなどは、いわばあなたのお店の「顔」になります。
そしてその「顔」が、少しでも多くの人の目に触れるような工夫が必要になってきます。

「FacebookとかInstagramとかのSNS使って宣伝すればいいんでしょ?」
というのは今や誰でも思いつきますし、それはもちろんです。

個人が自分のことをこんなにも簡単に発信できる便利なツールがある現代は、
ある意味出張ネイルへの追い風とも言えるかもしれません。

ですが、ただやみくもにSNSを使えばいい、というわけではないんです。
そういったツールを使う場合でも、意識してほしいことがあります。

安心・信頼してもらえるように

自分の家に招き入れる以上、どんな人がくるのか、家に入れても大丈夫なのか、
怪しい人物じゃないか…誰しも気になるものです。
そんな不安を、少しでも解消してもらえるような発信は、とても重要になってきます。

例えば、きちんとしたホームページがあると、信頼感はアップします。
定期的に更新されるブログは、現在進行形で営業していることを伝えられます。
過去の数多くの施術実績は、技術と経験の証になります。

「安心してください」と文字にするだけでは、安心してもらえません。
誠実に、プロとして仕事をしていることが伝わるような発信を心がけてくださいね。

人柄がにじみ出る文面

言葉使いには、その人の人となりが出ますよね。
それと同じように、ネット上の文章でもチラシなどの紙面の文章でも、
文面にはあなたの内側にあるものがたくさんにじみ出てくるんです。

あなたの年齢や性別、どんな生活を送っているのか、何を考えているのか、
あなたが書く文章からは、あなたが思う以上にたくさんの情報が読み手に伝わります。

それはつまり、選ぶ話題や言葉遣いによって、相手にどんな印象を与えるかを、
自分でコントロールできるということなんです。

親しみやすさをアピールしたいのか、プロとしての意識の高さを伝えたいのか—。
あなたが目指すキャラクターを明確にして、ぶれないように一貫性を大切にして、
それにあった文章が書けるようになりましょうね。

プライベートでの発信にも細心の注意を

出張ネイルでは、オンとオフの区別は明確にしましょう。
ご自宅でお客様と一対一でお話しながら施術するという特性上、
お話の内容がかなりプライベートなことに及ぶことも少なからずあります。

ネイリストとして人として、あなたを信頼してお話してくださった内容は、
みだりに人に話してはいけません。

世間は狭いものですし、意外なところで知人同士がつながっているというのはよくある話です。
自分のプライベートな付き合いの相手に、お客様とのお話を何気なく話題にあげたら、
実はつながりがあって…なんてことにもなりかねません。

こういったことは、お客様からの信用を失います。
ましてやSNSなどネット上で発信してしまったりしたら、取り返しのつかないことになります。

お客様とのいい関係を大切に築いていくためには、普段の生活の中でも、
しっかりと自分の立ち位置を意識していきましょうね。

3. こんな方がお客様になってくれる可能性あり!

出張ネイルを利用される方はどんな方々なのか。
大きく言うと、「ネイルサロンに行けない理由がある方」です。

ネイルサロンには行けないけれど、セルフネイルではなくプロの施術を望まれる方。
そういう方のニーズに、出張ネイルはぴったりなのです。

では具体的に、どんな理由でネイルサロンに行けないのかですよね。
私の経験上、多いものから挙げていきますと、

■子どもが小さくて家から出にくい
■ネイルサロンの雰囲気が苦手
■友人・知人が出張ネイルを利用していて良いと聞いたので
■近くにいいサロンがなく遠くのサロンには通いにくい
■仕事の都合上自分がネイルできる時間がネイルサロンの営業時間と合わない

といったところです。
こういう方々をターゲットにして出張ネイルをはじめられるのであれば、
ニッチながらもニーズにがっつりはまって波に乗る可能性はあります。

4. 自分のネイルの技術で大丈夫?

ではどの程度の技術レベルがあれば、出張ネイルができるのか。
これからはじめようとしている方にとっては、とても気になるところですよね。

はっきり言います。
それは、「ネイルサロンで通用するかどうかと同じ」です。

ネイリストの資格で何級を取ったから大丈夫、というのはありません。
生身の人間であるお客様のお爪に直接触れるわけですから、
個人の身体的な差や環境の違いなど、様々なことに対応する力が必要です。

あなたがサロン経験が豊富なら、ほぼ問題ないでしょう。
ただ、そういった技術レベルとは別に、出張ネイルをする上では、こんなことも求められます。

施術の全ての行程を自分一人の力でできるかどうか

まず最低限クリアすべきポイントは、ここです。

苦手なことを上級者ににやってもらうことはできません。
わからないことを聞く上司や先輩もいません。
時間が足りないからと、同僚と分業することもできません。

自分ひとりの力で、限られた時間の中で、お客様の満足につながる施術をする。
これをするのが、出張ネイルです。

予想外のことが発生しても冷静に対処できるか

お客様ごとに違う場所・違う環境での施術なので、いろんな事態に直面するでしょう。
施術しにくい高さの机や椅子、無理がある体勢での施術、お子様がぐずりだす、
突然の来客、交通事情による遅延…。

挙げだすとキリがありませんが、本当にいろんなことが起こります。
そのどんなことが起きても、決してパニックになったりせず、
いつも通りの最高のパフォーマンスをするのがプロとしてのつとめですよね。

焦らず、とにかく冷静に、どんな状況にも笑顔で誠実に対処できるようになりましょう。

高度な技術<誠実な対応

繰り返しになりますが、何でも自分ひとりで判断し、行動することになります。
もちろん、わからないことや初めて直面することも出てきます。

そんな時でも、いい加減な受け答えや対応では、お客様にご迷惑をかけることもありますし、
そんなことを繰り返していては信用を失ってしまいます。

わからないことはわからないと言う勇気も必要です。
ただ、そのことを放置せず、調べるなり克服するなりしていきましょう。

そうやって、次につながる前向きなきっかけにしていく誠実さは、きっとお客様にも伝わりますよ。

5. 意外に必要になってくるのはこんなこと

ネイルの技術や臨機応変な対応力の他に、こんなことが大切になってきます。

体力!

出張ネイルは、まさに体力勝負です。
たくさんの荷物を持って移動し、集中して施術し、また移動し…と、
頭も身体も使うなかなかハードな一面があります。

身体の柔軟性!

お客様に快適に過ごしていただくことを優先した場合、施術場所によっては、
多少無理のある姿勢で施術することもあります。

私が一番この柔軟性を必要だと感じたのは、フットの施術でした。
お客様のおうちにあるものや、自分で持参したものを駆使するのですが、
うまく高さが合わないと、かなり前かがみのまま施術することになるんです。

また、ハンドであっても、机の幅が広い場合はかなり前かがみになりますし、
周りの状況によっては利き手側に道具を置けないこともあります。

いずれの場合でも、柔軟性があればあとは気合いで乗り切れます。

健康管理!

どんなお仕事にも共通して言えることかもしれませんが、これは本当に大事です。

出張ネイルの場合、施術するすぐ横に小さいお子様がいらっしゃる場合があります。
自分が体調を崩したままお伺いして、お客様はもちろんですが、
そのご家族様にうつしてしまうなんて、あってはならないことなのです。

また、お子様が風邪で幼稚園や小学校をお休みしておうちにいらっしゃる場合もあります。
こんな時でも、お客様がキャンセルされない限り、ご予約があればお伺いせざるをえません。

私自身、妊娠中にお伺いした先で幼稚園をお休み中のお子様がいらっしゃり、
後になってインフルエンザだったと聞いた時は、正直ドキッとしました。

自分が病原体にならないことはもちろんですが、
病気をもらわない抵抗力を保つための、健康管理も重要です。

掃除!

ネイルの施術では、どうしても細かいゴミが出ます。
お爪を削った粉がとんでいたり、小さなアート材料が落ちていたりしたら、
きちんと掃除をしてから失礼しましょう。

施術させていただくその場所は、お店の床ではなく、お客様のおうちの机や床です。
薬品や取れない汚れをつけてしまわないよう、施術中は細心の注意を払いましょうね。

 

まとめ〜出張ネイルのメリット/デメリット〜

上記のことからもわかるように、出張ネイルには様々なメリットとデメリットがあります。

メリット

■家賃や光熱費がかからないので、経費の中の固定費を抑えられる。
…リスクが少なく、まとまった資金がなくてもはじめやすい。
■ネイルサロンの顧客層とは異なる層を対象にできる。
…アピールする内容が違うので、ライバルが少ない。
■時間に融通がきく。
…予約がない時間帯は自由に動ける。

デメリット

■認知度が上がるのに時間がかかる。
…存在を知ってもらい、信用度を上げるのが難しい。
■我が身の安全面も含めて、何が起きても自力で何とかするしかない。
…誰にも頼れない不安とのたたかいはずっと続く。
■移動コストがかかる。
…交通費だけでなく、移動にかかる時間もコストとして発生する。

もしあなたがこのメリットに魅力を感じ、デメリットを受け入れる覚悟があるなら、
出張ネイリストとしての活動は向いていると思います。

出張ネイルをするということは、目に見える店舗はなくても、
あなたのお店を持つということに変わりはありません。
自分の想いをエネルギーにして、お客様に笑顔になっていただけるんです。

これからはじめてみようとお考え中の方は、ぜひとも挑戦してみてくださいね。

ネイルサロンを始めるには?独立のために必要なこと

nailist

①独立開業成功のコツは、開業ノウハウを学ぶこと+良いサロンでの技術や接客を身に着けること

いつかは、経営者としてネイルサロンを開業したい、または、自宅でネイルサロンを開いて、子育てしながらネイリストとしての仕事をしたい、と夢をお持ちの方も多いと思います。

ネイルサロンの開業は、独立して終わりではありません。集客をして、ファンを作る、売上と資金繰りを計算して経営を軌道に乗せるための事業計画をしかっかりたてるなど、経営者としての心がまえも必要になります。

ネイルの技術だけではなく、サロン経営の技術や知識、ノウハウが必要なのです。

いくつかのサロン勤務を経て独立される方もいらっしゃいますが、中には、スクール卒業後、すぐにネイルサロンの経営に成功される方もいらしゃいます。

スクールに通っている段階から、しっかりとどういう業態でネイルサロンを開くか、事業計画などを明確に持たれている方です。また、人気のあるネイルサロンに通って、研究することもとても大事です。

資格だけ取って、ネイルサロン開業ノウハウを全く知らない、自分でも勉強していない場合は、開業の方法が分からないまま時が流れてしまったり、借金を負うことにもなりかねません。

一から事業計画書を書く、資金集めをするなど、自己流では非常に大変です。正直、何から手を付けていいかわかりません。

スクール卒業後、すぐに開業したい方は、開業コースのあるネイルスクールを選ぶことがベストでしょう。開業する手順などがノウハウ化されていますし、相談に乗ってもらえるので、スムーズに事が進みます。

(開業コースのあるおすすめスクールは、arrow42-026ヒューマンアカデミーか、arrow42-026アフロートネイルスクール ですね。)

  • ホームサロンの開き方
  • 設備と備品の揃え方
  • 開業資金の考え方
  • 開業届(事業主届)
  • 売上管理
  • 集客の仕方、ファン・リピータの作り方

 

などなど、経営者としてやることはたくさんあります。お客様に最高の接客と技術をお届けしながら、売上、数字管理も行わなければならないため、実際とても大変です。

店舗管理や、売上管理が未経験の場合は、正直てんやわんやします・・。だからこそ、しっかり開業の前に学んで計画を立てておくことが大事なのです(切実)。

②どんな業態で始めるか、決めよう。おすすめは、小さく始めること。

ネイルサロンの業態はいくつかありますが、女性におすすめなのは、なるべく資金をかけず、小さく始めること。

高い賃料を払って店舗を借りて、という経営手腕がある方は別として、まずは自宅サロンなど、最小限の資金で始めて、軌道にのってきたら、サロンを大きくしたい場合には大きくすればよいのです。

salon

ネイルサロンは、机一つあればでき、少ない資金でリスクなく始められるところが魅力です。

ファンがついて、売上があがって、余剰資金ができれば、設備投資をする、大き目の店舗を借りるなど広げていっても良いですね。もちろん、商才、資金があり、大きく始められる手腕があれば大きく初めてるのもありです。

大事なことは、自分に合った業態、規模で始めることです。

ネイルサロンの業態
自宅の一室ではじめる

一番資金がかからない方法です。自宅の1部屋をサロンにしている方も多くいらっしゃいます。子育てや家事をしながら自宅でお仕事もできるのがメリットですよね。

固定費がかからないのは大きいです。

店舗を借りる

店舗用の路面の物件ではなくても、居住用の安い物件を選べば、固定費を抑えて開業することができます。

スポーツクラブや、美容院の一角を間借りする

美容室内にネイルサロンが併設されているケースは良くみかけますよね。スポーツクラブの一角を間借りして開業されている方もいらしゃいます。集客という点でも有利です。

出張専門

ブライダルサロンや、美容院への出張、また、ネットで集客して、個人宅へ訪問するなどの方法もあります。営業力、ネットでの集客力が必要になります。

ネイルチップ販売

空き時間を利用して、ネイルチップを作成して、通販で売る方法もあります。ネットで気軽にハンドメイドのものを売れる通販サイトがありますので、利用すると良いですね。

ハンドメイドマーケット・minne(ミンネ)⇒minnne

さまざまな業態がありますが、自分のライフスタイルや、性格に合った業態で進めることが、成功の秘訣です。

③ネイルサロン経営ー売上計画・資金計画を組めるようになることが大事

1か月あたりの売上・経費を計算して、利益の計画を立てらるようにしましょう。

●売上計画ー経費(家賃、光熱費、ネイル材料)=利益 になります。

最初は、店舗を借りるのではなく、自宅開業するメリットとして、家賃、光熱費なども、経費として一部計上することができるところです。その分収入から経費として引くことができますので、税金が安くなります。(3割程度を経費で落とせます。自宅の家賃が10万の場合、3万3千円が経費として認められるということです。)

また、サロンのホームページ開設費用(広告費)、什器、ネイル素材の仕入れ、内装費などは開業資金、経費で計上できます。(レシート、領収書は捨てないように!!)

開業の申請をしよう

まずは、開業の申請をしましょう。月10万~60万ぐらいの規模でしたらば、個人事業主登録がおすすめです。(月100万レベルの店舗経営の場合は株式会社設立になります。)

儲かってから開業届けをするのではなく、ネイルサロン開設とともにすぐに開業届を出すのがおすすめです。お住まいの地域の税務署にいけば、簡単に開業ができます。

国税局のHP⇒https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

これは、売上が上がった年の分の税金の申請(白色申告OR青色申告)をするために、必ず開業届が必要になります。その年に万が一利益がでなく、赤字の場合、赤字分を次の年にマイナスとして申請できるので、次の年の税金が安くなります。

おすすめは、「青色申告」です。複式簿記といって、少し複雑な会計方法になりますが、一度覚えてしまえば、大丈夫です。青色申告の場合、売上から、65万が控除(65万円分税金がかからないということ。)になりますので、青色申告にしましょう。

複式簿記を付けると、売上、経費の経営の感覚が身に付きますので、是非経費、売上の計算をしっかり行えるようになりましょう。

開業とともに、青色申告会に入りましょう。個人事業主のうちは、税理士さんに高いお金を払って経費相談の必要はありません。(税理士さんの相場は月2万です。)

青色申告会なら、年間で1万~2万で(地域によって異なる)複式簿記(弥生会計などの会計ソフト)、経費、売上の考え方を教えてもらうことができます。

全国の青色申告会⇒青色申告会

④重要!集客スキルを身に着ける

自宅開業、目立たない賃貸の一室をサロンにした場合、ネットでの集客スキルが必要になります。(ネット集客はいわずもがな、大変重要です。)

  • ホームページ開設、
  • SNS(facebook,Twitter,Instagramなど)
  • ブログ(アメブロなど)
  • GOOGLEマップや、GOOGLE検索で地域検索された場合に、表示させる

(⇒GOOGLEマイビジネスに登録が必要)

1・ネットで集客する⇒2・技術力と接客力を磨いてリピーター、ファンを作る⇒3・売上、経費などの資金計画を考える

つまり、集客、ネイル技術、経営スキルの3点が必要になってきますね。

サロン経営を成功されるためにも、これらのノウハウを教えてくれるネイルスクールの開業コースを選ぶことは大変メリットです。ホームページの開設方法、サロンの什器の選び方など、開業コースに行けば、学ぶことができますし、卒業後も相談でき、情報収集することができるからです。

開業したい場合は、これから通うネイルスクールが開業コースがあるか、ノウハウがあるかの確認をおすすめします。ネイルスクールをすでに卒業されている方は、ヒューマンアカデミー は専門の開業コースがありますので、学び直しもおすすめですね。

 

子育てしながらのネイルサロンの運営ははできる?私の体験談

■子育てしながらサロン運営ってできるの?

kosodate
できる!と思います。(私は)←なんだかずるい 笑。精神論でいうと、できないって思ったらできないし、できるって思えば大抵のことはできるもので。「どうしてできるの?」「どうしたらできるの?」が、一番知りたいトコロだと思いますので、私の体験談も交えながら、そこを詳しくお話ししていきますね!

私の場合は、子供がいたので、子育てしながら、通信で1級のネイル資格を取りました。
ヒューマンアカデミーのたのまなというネイルの通信講座です。2級までとれば、ネイルサロンの運営は可能ですよ。

通信だと、2級までとるのに10万かかりませんでした!!
こちらに安いネイルの通信講座をまとめました!>ネイルの通信講座が安いスクール5選

■サロン運営だからこそできる!

ネイルサロン勤務の場合、時間の融通がきかなかったり、子育てしながらの勤務に理解を示してくれなかったり(産前と変わらず、長時間労働を強いられらり・・)、ということが、サロンによってはあるかもしれません。

自分でネイルサロンを運営している場合、そんな心配はいりません!自分の優先順位に合わせて、時間を効率よくコントロールすることが可能です。スタッフを雇っているのであれば、店を任せることもできます。この場合、お休みに入るまでに、しっかりスタッフを育てておくことが大事ですね!

■いつから、どうやってできる?

出産後すぐに働く場合は、“保育園やシッターさんに預けられるかどうか”が、大きなポイントになってきます。(里帰り出産とともにサロン勤務をやめて、両親に見てもらって実家の一室にサロンを開いた、という友人もいましたよ!)

ある程度子どもが大きくなれば、幼稚園や学校に行っている間の時間のみ運営することも可能ですし、自宅サロンの場合、家族の理解があれば、お客様がいらっしゃるときだけは施術部屋に入ってこないようにすることもできると思います。

■私の場合、こうしました!

yubisasi
産前まで自宅サロンを開業していた私は、妊娠中つわりがなかったため、出産3ヵ月前まで働いていました。

(後半はお腹が大きくなりすぎて、施術する机にお腹が当たってやりにくかったなー)ひとりで運営していた小さいサロンだったので、出産を機会に一旦閉業とし、産後子どもが1歳になるまでは子育てに集中しよう!1歳の春に保育園に入ることができたら、改めて再開しよう!と決めました。

お店をたたむ前は、今まで施術させていただいたお客様一人一人にきちんとご挨拶を行いました。

長い期間お店をお休みしてしまう旨を謝り、また再開するときはご連絡をさせていただきますとお伝えしました。一旦お店を閉じるということは、お客様の爪のお世話をすることができない責任が発生するということです。お客様のためにも、その意識が伝わるように、しっかりご挨拶をすることが大事です。

■その後、どうなった?

子どもが1歳になった春、なんと保育園に入れず待機になってしまいました・・。(入れると思っていた私が甘かった・・。待機児童解消、なんとかしてー!)

サロンを開始できる見通しがつかなくなったため、いつまでもお客様を待たせておくわけにはいかないと思った私は、顧客様には平日10-16時の間のみであればできることを伝え、予約が入った日のみ、近くの保育園へ一時保育をお願いするようにしました。

(事前に日時が分かれば、地域が行っているファミリーサポートに依頼するという手もあります)なんと、来て頂いている顧客様たちも事情を理解していただいているので、予約日時の急な変更などは全くありません。(なんていいお客様なの・・!本当に感謝、感謝です)

そうこうしているうちに、第二子を妊娠しました。今回も出産前まで働くハズでした。

が・・今まで経験したことのなかったつわりがきてしまい、しかも血が止まらない切迫流産で、動くの一切禁止命令が発生。またサロンを閉業せざるを得ない状況になってしまいました。そして今に至る・・という訳です。(もー割り切って、産むまで休暇中!)

不思議ですねー、第一子のときはリキッドのにおいも全然OKだったのに、今回は、もうリキッドどころか何もかもが全てダメ・・。(※リキッド・・3Dやスカルプの施術に使用する液体)なんだか出産体験記みたいな話になってしまいましたが、私の場合、こんな感じでした♪

■まとめ

サロン運営をする意志があって、それに伴う環境と行動があれば、子育てしながらもネイルサロンの運営はできる!が私の考えです。

子育てで一旦お休みすることができるのもサロン運営の醍醐味。子育て中のサロン運営は、自分のリフレッシュにもなるし、子育て中のお客様の気持ちも理解できるから、接客に幅も出る。

いっそ、子育て中のママさんと子どもが気軽に遊びに来られるようなサロンにしてもいい。(次にまた始めるときは、そんなサロンにしたいな)

子育て中だから、とあきらめないで、この記事を読んでがんばろう!と前向きになってもらえたら、とってもうれしいことはないです。

子育て中・子育て予定のネイリストのみなさん、子育てネイリストを目指すみなさん、一緒に、がんばりましょ~!^^

ネイルサロンの口コミ・評判ガイド

本業をもちながら、自宅で副業でネイルサロンを開業!の経験談

「将来ネイルサロンを開業したいけど、まだ自信がない・・。」「安定した収入は確保していたい・・。」やってはみたいけれど、できるのだろうか?サロンを開業する上で、はじめの一歩が踏み出せないと感じる方は少なくないようです。

何もかもが初めてでわからないから、不安になってしまうその気持ち、わかります。そこで少しでもそんな皆さまの不安を取り除くべく、本業をもちながら自宅で副業でネイルサロンを開業した私の経験談をまとめてみました。不安な気持ちがなくなって、一歩前に踏み出すきっかけになれれば幸いです♪

■ネイルサロンを辞めて、自宅サロンを開業!

ネイルサロン
ネイリストとして、一年ほど経過した頃、働いていたサロンの経営状況が悪化して、社員に昇格するはずの話がなくなってしまいました。このままアルバイトの状態で、ネイルのお給料だけでは生活できない!と実感した私は、かけもちできる高収入のアルバイトを探すようになりました。高時給で短期の仕事を見つけて、面接に行くと、社員としてうちの会社にこないか?と声をかけていただきました。

元々アパレルは本業で経験が活かせるのと、お給料が元の水準に戻るというので、サロンへの不信感をつのらせていた私は、あっさり了解。一年半ほど働いたネイルサロンを辞め、本業のアパレルに戻りました。

■できる範囲で副業しよう!

とはいえ、サロン運営への夢も捨てられなかった私は、「大好きなネイルをやめるのもさみしいし、せっかく身に付けた技術も失くしてしまうのはもったいないな。自分にできる範囲で、副業しよう!」と気持ちを切り替えました。

■サロンを開業するにあたってやった5つのこと

①自宅サロンを作る

丁度結婚もあいまって、決めた新居はネイル人口が多そうな地区を選び、駅から徒歩5分以内・大通り沿いと、お客様が通いやすい場所にしました。内装はコンセプトを決めて、お客様がすごしやすいことを第一に、ソファー・机・椅子等を購入していきました。

②道具や材料を揃える

ネイルの道具やジェルのカラー・パーツなど、材料はほぼ揃っていたので、勤務していたサロンでよく注文が入ったカラーや材料を足す程度で、揃えることができました。

③施術する日時を決める

基本的には、本業がお休みの土日に行いました。平日は遅くてもいいからやってほしい!とリクエストがあったときのみ行いました。お休みがなくなる場合もありましたが、お客様にネイルを施術して喜んでいただくことが自分のリフレッシュ&癒しになっていたので、私の場合は休みがなくても全く問題ありませんでした。

④メニュー・プライスを決める

ここはサロンの売りになる、非常に大事な部分です!“時間制のネイルサロンではできないおもてなし”、“ロープライス”というお店のコンセプトに基づき、メニューは、お客様がやりたいネイルができるようにオーダー制で、プライスは、サロン価格より2000~3000円下げた価格に設定しました。

⑤お客様を呼ぶ

最初は、身内や友人、その紹介のみにとどめておきました。施術後は皆、次回の予約を入れていってくださるので、大変ありがたいことに、新規のお客様を取らずともリピートと紹介でまわすことができました。自宅サロンはプライベートを露出することになるため、当初全くの見知らぬ方を自宅に入れることに抵抗があったこともあり、新規の営業は控えていました。

■副業ネイルサロンのメリット/デメリット

meritto
実際に副業でネイルサロンを開業してみて、副業だからこそ感じたメリット/デメリットをまとめてみました。

メリット

・ローコスト&ローリスクでサロンを開業できる→万が一副業が上手くいかなくなったとしても、本業があるので収入が保障され、安定が得られます。

・本格的にサロン運営をするにあたってのいい経験ができる

・必死に客寄せをしなくてもよい

デメリット

・お客様への時間の融通がききにくい→本業以外の時間でしか予約を取ることができないため、予約が取れにくいことも。

・集客がむずかしい→予約を取りすぎてもダメ、なさすぎてもダメ。本業であれば、クーポン誌などに広告を載せて予約をじゃんじゃん取りたいトコロですが、あくまで副業。本業に支障が出ないようにセーブする必要があります。逆に営業を全くかけないと、予約ゼロなんてことも・・。

・お休みがなくなる場合も・・。→副業でも仕事は仕事。休みがなくても体調管理をしっかり行い、お客様にご迷惑をかけないようにしなければいけません。

■まとめ

いくら副業でも、「副業だから」という心構えでは、お客様にその気持ちが伝わってしまいます。副業でも、仕事は仕事です。お客様とのトラブルや、何かあった際の責任も、すべて自身でしっかり取る必要があります。プロ意識をしっかり持って、時間内でお客様に喜んでいただける精一杯の施術&おもてなしをすることで、次につながります。

十分な技術も身について、お客様に喜んでいただける自信もある。サロンを開業したいけれど、やっていけるか不安・・と二の足を踏んでいる方、まずは副業でネイルサロンを開業するのも、いいかもしれません。