ネイルスクール 口コミ

ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

ネイルネイルスクールの口コミ、と評判・ネイルの資格を取るための決定版!ネイリストになる夢を叶えたい方の応援サイトです!!

JNECネイリスト検定2級の内容とは?

JNAネイリスト技能検定2級~知識編

JNAネイリスト技能検定2級は、実技試験と筆記試験に分かれています。ここでは、JNAネイリスト技能
検定2級の概略と、筆記試験の内容についてみていきましょう!

 

ネイリストとして就職する、サロンを開くためには、最低でも2級が必要になります。

3級取得にむけて、2級の取得が必要になりますので、しっかりチェックしておきましょう!

 

jna

 

 

JNECネイリスト技能検定2級の試験概要

初めに、検定2級の試験内容をおさえておきましょう。
検定には、①実技試験と②筆記試験があります。

 

nailshasin

 

①-1 実技試験の事前審査 15分
テーブルセッティング、消毒管理、チップの状態、モデルの爪の確認
①-2 実技試験の前半 35分
ネイルケア
①-3 実技試験の後半 55分
チップ&ラップ、カラーリング、ネイルアート
②筆記試験 35分
衛生と消毒、爪の構造、爪の病気とトラブル、ネイルケアの手順、リペア(補修)の種類とチップ&
ラップの手順、プロフェッショナリズム等実技試験も筆記試験も3級より時間が長く、内容も増えてい
ます。

 

次に、2級受験に必要な知識について、みていきましょう。

 

2級の筆記試験の概要

2級の場合、3級と同じ内容に加え、チップ&ラップおよびリペアの技術について問われます。
また、ネイリストは接客業なので、プロフェッショナリズムとして接客についても出題されます。
3級と同じ内容であっても、2級の場合はさらに詳しい知識が必要となります。出題は、穴埋め問題
が増えるので、試験対策としては、より正確な知識を身につけるように勉強しておくことが大切に
なります。
技能に関する出題も多いので、実技の練習においても、用語や手順について正確に覚えるように
心がけておくと良いでしょう。
筆記試験は、3級と同様マークシート方式ですが、出題数は80問に増え、時間も5分長くなります。
筆記試験に合格し、技能試験に不合格だった場合、次の検定のみ筆記試験が免除になります。

 

2級で新たに加わる試験内容について

2級で新たに加わる試験内容は、リペアとチップ&ラップに関する知識、およびプロフェッショナリ
ズムについてです。

 

①リペア、チップ&ラップ

ここでは、実技試験で行った技術に関する知識が問われます。
リペアは爪の補修と補強の技術で、ネイリストの仕事のうえでネイルケアとともに重要な分野です。
ネイリストになるためには必要不可欠な技術なので、試験のために勉強するというよりは、
ネイリストになるために、基本的な技術をしっかり習得しておきましょう。
また、チップ&ラップに関しては、技術、実践的手順、材料について問われることが多くなっています。

②プロフェッショナリズム
ネイリストが高いネイル技術を求められるのは当然ですが、ネイリストは接客業でもあります。
接客に必要な、お客さまに対する真心のある接客態度が身についていることもネイリストにとって
大切なことです。

筆記試験では、社会人としての態度、お客さまのための準備やお客さまへの対応など、ネイリストとし
て上質なサービスを行える知識が問われます。

 

JNAネイリスト技能検定2級①技能編

relow

 

JNAネイリスト技能検定の2級は、中級レベルの受験者を対象としています。
ネイルサロンでは、検定2級を就職の条件にしているところも多く、2級を持っていると就職に有利に
なります。

ネイリストとして必要な技術と知識が身についている必要がありますので、合格率は40%と3級よりも
厳しくなっています。また、受験には、3級を持っていることが必須です。
3級と同様に、技能試験と筆記試験の2種類がありますが、まずは技能試験についてみていきましょう。

2級の実技試験の概要

2級の実技試験で課題となるのは、3級のネイルケアとカラーリングに加え、チップ&ラップとネイル
アートです。試験は、大きく2つの部分に分かれ、前半はネイルケア、チップ&ラップ、カラーリング、
ネイルアートが後半となっています。加えて、3級と同様に事前審査もあります。

2級は、課題が多くなるだけでなくサロンで通用するかどうかも基準になるので、仕上がりや手際、
各課題をこなす速さやテンポ感も審査の対象となります。

 

また、ネイルケアの手順と動作が完全にできていること、そのほかのネイルテクニックについても
お客さんに対して滞りなくできることも求められます。
したがって、2級は、単にネイル技術を習得しているかどうかというだけでなく、接客についても念頭において
準備しておくことが大切です。

 

モデルについて

試験当日は、自分でモデルを用意しておくことが必要です。3級と同様に、試験の1週間前からファイリ
ング、キューティクルケアをしてはいけません。また、当日は、赤ポリッシュをすべての指に塗ってお
きます。

 

主な試験内容

試験は、事前審査15分、実技試験90分(前半35分、後半55分)です。内容を順にみていきましょう。

 

①事前審査
テーブルセッティング、消毒の管理は3級と同じですが、さらに、チップ&ラップに使われる用品の準
備ができているかどうかも審査の対象となります。そのほか、モデルの爪の状態も確認されます。

 

②ネイルケア
モデルの指10本すべてにネイルケアを行います。内容は3級と同じですが、技術的により高い水準が
求められます。

 

③チップ&ラップ
チップ&ラップでは、ネイルの補強の技術がチェックされます。ネイルチップを爪に付け、シルク、
グラスファイバーなどのラップ材を使用して爪の補強を行います。2級の場合、左手中指にのみ行います。

 

 

④カラーリング
チップ&ラップを行わなかった残りの9本の指に、赤ポリッシュでカラーリングを行います。ベースコート、
ポリッシュ、トップコートという手順は3級と同じですが、ネイルケア同様、より高い水準が求められます。

 

⑤ネイルアート
最後に、チップ&ラップを行った左手中指に、フラットアートを行います。赤ポリッシュに映えるイラストを
筆のみで描きますが、イラストの課題は、検定試験が実施される季節に合ったものが選ばれることが多く
なっています。

 

1級試験の内容ついてもくわしく書きました!↓

ネイルの1級について

 

ネイルスクールの口コミ・評判完全ガイドTOP

独学でもネイリストになれる!

ネイルを独学で学ぶメリットデメリット

ネイリストとして働くには、最低でも、2級は欲しいところ。最終的には、1級は必須と考えたほうが良いでしょう。

お金がないけれど独学で学びたい!という方は、日本ネイリスト協会が発行しているテキストを購入して、
勉強するようにしましょう。

 

JNAテクニカルシステムベーシックという教科書です。筆記試験の内容は、このテキストをもとに出題されます。
(JNAのホームページで購入することができますよ!)

 

jnatext

 

 

 

お金をかけずに、自宅で学べることが魅力ですが、独学の場合は、個人個人の癖がつきやすいことと、
スクールのように、熟練した先生の手元をみて、高い技術を学べないことがデメリット。

 

スクールに通っている方と、かなりの差がついてしまう恐れがありますので、独学で2級、1級を取得するには、
かなり努力が必要と考えてください。

 

また、就職先や、サロン開業などの支援もないため、自分の力で探さなければならなくなるというデメリット
もありますね。

 

独学でネイリストになるために!効率よく学ぶには?

 

友人などをモデルにして、実技の練習はてきますが、基礎的な部分で、クセがついたり、間違った知識ややり方が
身についてしまわないように、注意が必要です。

 

理想は、本気でネイリストになりたいならば、300時間でカリキュラムが組まれている、総合講座が理想ですが、

経済的に、時間的にどうしても無理な方は、JNAが主催する、検定対策講座検定の前にJNAが主催するセミナー。

実技試験の内容に沿った説明や、実技チェックなどを受けることができます。

 

各スクールが主催する、単発の講座に申し込む

技能検定対策講座を用意していいるスクールも多いです。
一部を説明しますと、こちら。ヒューマンアカデミーの例をご紹介しますね。

 

JNAジェルネイル技能検定(上級)対策講座

150,000円 3ヶ月~ 180分×12回 / 36時間

 

多くのネイルスクールでは、200時間から300時間のトータルコースから、10万代~30万代の単価コース、
資格対策コースを用意しています。本来は、トータルコースい行くのが理想ですが、経済的事情があり、
どうしても通えない方は、こういった対策コースをうけるようにしましょう。

 

通信を受ける。

DVDを見ながら自宅で学びます。
(通信でしたら、30万前後で受講が可能。スクーリングといって、何回か実際
スクールに出向き、実技を学べるスクールもあります。)

 

現場で働きながら取得

未経験から、雇用してくれるサロンも存在します。

 

お給料をもらいながら、現場で働けることは一見メリットと思いがちですが、
なかなかお客様を持たせてもらえない、研修制という名のもと、雑用に追われ、実技が学べないなどの
問題がある場合も多く報告されています。

 

しっかりとスクールに通う、通信で受講するお金を貯めて、技術を身に着け、良い条件で就職する、

サロン開業するほうが、実は近道です。ネイルスクールの説明会に参加することで、このあたりの深いお話が聞けますの
で、是非参加してみることをおすすめします!

 

ネイルスクールの口コミ・評判完全ガイド

 

ネイリストの1級資格試験の内容を具体的に説明します!

JNECネイリスト1級試験の内容は?

プロのネイリストなら取りたい!JNEC1級検定試験の内容を詳しく解説します!

是非参考にしてくださいね。

jna

 

JNECネイリスト技能検定1級 知識編

 

JNECネイリスト技能検定1級は、実技試験と筆記試験に分かれています。ここでは、JNECネイリスト技能検定1級の概略と、

筆記試験の内容についてみていきましょう。

 

JNECネイリスト技能検定1級の試験概要~知識編

初めに、検定1級の試験内容をおさえておきましょう。
検定には、①実技試験と②筆記試験があります。

 

①-1 実技試験の事前審査 15分

テーブルセッティング、消毒管理、チップとフォームの状態、モデルの爪の確認
①-2 実技試験 150分
ネイルイクステンション、ネイルアート
②筆記試験 45分
衛生と消毒、化粧品学、爪の構造、爪の病気とトラブル、ネイルケアの手順、イクステンションの手順、プロフェッショナリズム等実技試験も筆記試験も2級よりさらに時間が長く、内容も増えています。

次に、1級受験に必要な知識について、みていきましょう。

nail4

1級の筆記試験の概要

1級の筆記試験は、新しい出題範囲はもとより、2級までの出題範囲であっても、総合的で深い知識が求められています。

出題に当たっては、長い文章が提示され、穴埋め問題が多くなりますので、1級受験には、正確な知識が身についていることが必須になります。

 

JNECが発行しているテキストを用いて、すべての内容をしっかり読み、理解しておくようにしましょう。

解答方法は、2級までと同じマークシート方式です。100問の問いに45分間で解答しなければなりません。問題数が増え、

内容も細かくなっているので、解答にはスピードも要求されます。1級の筆記試験に合格し、技能試験が不合格だった場合、次の試験のみ筆記試験が免除になります。

1級で新たに加わる試験内容について

1級で新たに追加される試験内容として、化粧品学、イクステンションの手順、その他実践的施術全般があります。

①化粧品学
ネイル用化粧品の材料、成分、効果が中心です。化粧品の成分や効果を正しく理解して用いることにより、ネイルの効果がアップします。トップレベルのネイリストには欠かせない知識になるでしょう。

②イクステンションの手順

ここでは、スカルプチュアネイルについて、技術と手順が問われます。接客についても出題されることがあり、スカルプチュアネイルを行う場合のお客さまへの対応についても知識が必要です。

③その他実践的施術全般

3つの級で行われた実技試験の内容すべてが出題範囲となります。出題は、細かい点にも及び、1級の実技の注意点なども問われることがあります。

JNECネイリスト技能検定の料金・会場・日程・合格ライン
そのほかの、JNECネイリスト技能検定の注意事項について述べておきます。料金は、3級が6,000円、2級が8,000円、1級が10,000円です。
会場は全国にありますが、日程は、2級と3級が年4回、1級は年2回のみです。合格ラインは、実技試験、筆記試験とも50点中38点になっています。

***************************************

JNA公式サイト(ネイリストのためのイベントなど多数!要チェックです!)

JNEC公式サイト(試験の日程などはこちらへ!)

****************************************

JNECネイリスト技能検定1級の試験概要~技術編

 

ネイリスト

 

JNAネイリスト技能検定1級は、上級者向けの試験になります。内容はハイレベルで、第一線で活躍するネイリストとしての技能と知識が要求されます。

試験の合格率は35%と低いですが、合格すれば、国際的にも認められるネイリストになることができます。

2級に合格していることが受験資格です。

ここでは、1級の技能試験についてみていきましょう。

1級の実技試験の概要

3級と2級では、初めにネイルケアがありましたが、1級では、ネイルケアは免除され、その代わりにネイルイクステンションとネイルアートに重点が置かれます。

中でもネイルイクステンションは、材料を選び、施術し、仕上げるところまで、いずれも高い技術があるかどうかが

チェックされます。

また、お客さまとの接し方も丁寧で適切な対応が求められますので、普段から試験の本番だと想定して練習を繰り返し、
接客を含めた技術を磨いていくことが大切になります。

試験当日の注意点

1級の試験でもモデルは自分で用意する点は、2級、3級と同じですが、1級では事前にネイルケアをしておくことに注意

しましょう。ただし、施して良いのはネイルケアのみで、イクステンション、カラーリング、装飾はしておいてはいけません。

試験時間は150分なので、その間に、手指の消毒、ネイルイクステンション、ネイルアートの全工程を完了させます。

長時間が与えられますが、2級のように前半と後半に分かれていないので、時間配分に注意しましょう。

◆事前審査
実技試験は、2級、3級と同様、事前審査から始まります。

テーブルセッティング、消毒の管理、使用するチップの状態の確認、モデルの爪の状態の確認が行われます。

◆ネイルイクステンション①スカルプチュアネイル
モデルの左手5本にスカルプチュアネイルを行います。モデルの爪に合わせて人工的にネイルを作っていきます。

◆ネイルイクステンション②チップ&オーバーレイ
モデルの左手中指と右手薬指にチップ&オーバーレイを行います。モデルの爪先、あるいは爪全体にチップを付け、

アクリルを使って表面を形作っていきます。

◆ネイルアート:ミックスメディアアート
モデルの右手人差し指に行います。

2級でのネイルアートがフラットアートだったのに対し、1級では、複数のアート技術を用いるミックスメディアアート
が課題となります。3Dアートが技法の中心となり、そのほかのフラットアートやエンボスなどを組み合わせて仕上げます。

アートの題材は、季節に合ったイベントが選ばれることが多くなっています。

 

当サイトでは、【ネイリストになりたい方の応援プロジェクト】を行っております!

これからネイリストを目指したい!!夢を叶えたい!方に、ネイルの資格を取った、ネイルスクールの体験談を書いてみませんか?

書いていただいた文字数に応じて、3000円~5000円の謝礼をさしあげます。

詳細はこちらから☆

ネイルスクールでの体験談募集!ネイリストになる夢をかなえる応援プロジェクト!

ネイルスクールの口コミ・評判ガイドTOP

 

ネイルの資格の種類は?完全保存版!

ネイルの資格は、プロのネイリストへの第一歩!

ネイリストになりたい!という女性が増えています。

nail21-764x1024

プロのネイリストを目指すには、まず、ネイルの正しい知識と技術を身に着けること。そのために、ネイルの資格を取ることがとても大事になってくるのです。

日本ネイリスト協会がとりおこなう、「JNAネイリスト技能検定試験」は、ネイリストに必要な技術と知識が網羅されています。そのため、資格を取るまでの過程で、プロのネイリストになるために必要な

技術と知識を学ぶことができるのです。

どんな種類があるの?

ネイリストは資格を持っていないと出来ない仕事ではありません。しかし、ネイリストの就職試験で、”2級以上””1級取得者”に限定するサロンも少なくありません。

セルフネイリストとして自分自身だけでネイルを楽しむのであれば必要ないと思いますが、今後ネイリストとして働きたい、独立したいと考えているのであればネイリストの資格は必要でしょう。
資格を取得していることは、きちんと技術を習得しているプロだという信用につながります。

良い条件で働けるきっかけになりますし、サロンを開業したときに、お客様に対して、しっかりと資格を取ったプロのネイリストだということをお伝えすることができ、有利になります。

ネイルサロンの求人は検定の取得を条件としている場合が多く、資格はサロンの採用基準になっています。
サロンへの就職を希望するならJNECネイリスト技能検定を取得しておくことをお勧めします。また近年はジェルネイルが普及しています。JNECネイリスト技能検定と併せて、JNAジェルネイル技能検定を取得しましょう。

検定の種類

日本では「日本ネイリスト協会(JNA)」と「インターナショナルアソシエーション(I-NAIL-A)」
と2つの団体が、ネイルの正しい知識や技術習得・育成を目的とし検定試験を実施しています。

  • JNECネイリスト技能検定(3級/2級/1級)
  • JNAジェルネイル技能検定(初級/中級/上級)
  • I-NAIL-Aネイルスペシャリスト検定(A級/SA級/PA/AA/AAA級)
  • I-NAIL-Aジェルネイル検定(3級/2級/1級)

一般的にJNECネイリスト技能検定の知名度が高く、求人もJNECネイリスト技能検定取得を条件としているケースが多いです。ネイリストになるためにはひとまず、 JNECネイリスト技能検定を取っておきましょう。

ネイリストになるためにまず取りたい!JNECネイリスト技能検定内容

JNECネイリスト技能検定(3級/2級/1級)
日本ネイリスト試験センターが認証する資格です。
3級から1級まで3段階に分かれており、ネイルの基礎からプロフェッショナルまでレベルに応じた内容となっています。
実技試験と筆記試験があり、筆記試験はマークシート方式です。

JNECネイリスト技能検定、各級の基準

JNECネイリスト技能検定1級・・・ トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。
JNECネイリスト技能検定2級・・・サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識。
JNECネイリスト技能検定3級・・・ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識。

JNECネイリスト技能検定実技試験の内容
JNECネイリスト技能検定 3級の実技

 

3級はネイリストへの入り口です。サロンへの就職を希望する人は最低でも2級は取得しましょう。
内容

ネイルケア…消毒、ポリッシュオフ、ファイル、ブラシダウン、キューティクルクリーン
カラーリング…ベースコート、カラーポリッシュ(真赤)、トップコート
ネイルアート…テーマに沿ったフラットアート(毎期ごとにテーマが出題されます)

JNECネイリスト技能検定 2級の実技

2級を取得するとサロンへの就職が有利になります。求人では2級合格を採用の条件としているサロンが多いようです。

内容

ネイルケア…消毒、ポリッシュオフ、ファイル、ブラシダウン、キューティクルクリーン
チップ&ラップ…チップイクステンション、指1本にチップを装着
カラーリング…ベースコート、カラーポリッシュ(真赤)、トップコート
ネイルアート…テーマに沿ったフラットアート(毎期ごとにテーマが出題されます)

JNECネイリスト技能検定 1級の実技

1級を取得するとネイリストのプロ。イクステンションという長さを出す技術も一流となり、
サロンワークでのお客様の要望のすべてに応えることができます。求人でも1級取得者は優遇され、
資格手当など給与面で有利になる場合もあります。

内容
ネイルイクステンション…スカルプチュアネイルやチップ&オーバーレイによるイクステンション
ネイルアート…テーマに沿ったミックスメディアアート(3D)(毎期ごとにテーマが出題されます)

確実に資格を取得するには?

ネイルスクールや通信講座で技術を学び検定対策を行うのがベスト。

JNAネイリスト協会から、テキストを取り寄せて、独学でも学べますが、独学だと、個人のクセなどがついて、基礎がぶれる可能性が高くなります。JNA認定講師のいるネイルスクールでしっかり基礎を学ぶのがプロのネイリストへの近道になります。

まずはスクール選びから

beautynavi全国様々なスクールがありますが、特徴もいろいろ。まずは、一括資料請求をしてみましょう。

そして、験入学や説明会に 行って直接お話しを聞いてからスクールを決定するのがベストです。

一括資料請求でおすすめなのは、Beatuty資格ナビです。

通信や、通いなどの条件や、自分の住まいの近くのネイルスクールの資料を無料で一括で請求でいます。

まずは資料を取り寄せて、スクールの雰囲気や、価格などをチェックしてみましょう!>Beautyスクール資格ナビ


 

 

 

ネイルスクールの口コミ・評判完全ガイド