現役ネイリストがおすすめするネイルオイル、スパリチュアル の口コミ・使い方!

ネイルオイル
おすすめネイル道具
りかさん(ネイリスト歴7年 歳)

ネイリスト歴7年。スタッフを2名とネイルサロンを運営する経営者。

現役ネイリストがおすすめ!ネイルのもちを良くするネイルオイルはどれがいい? 

セルフネイラーさん、ネイルサロンでジェルネイルをされてる方、ネイルをしている方ならネイルの持ちが気にになりますよね!

ジェルネイルの持ちは個人差があり、ベースジェルの品質や相性であったり
もともとの爪の厚さやホームケアネイリストの技術、施術後のライフスタイル
などなどたくさんの要因があります。

実はネイルの持ちは少しのコツで改善することができますよ!

ジェルネイルはとても乾燥と湿気に弱いのです。なので乾燥と湿気の厳しい梅雨時期や冬は特にもちが悪くなりがちです。

体からでる油分が不足すると胃に、ネイルオイルが救世主となるのです。

甘皮保湿のためのSPARITUALU(スパリチュアル) キューティカクテル

ネイルオイルと言ってもたくさん種類がありますが私がお勧めするのは
【SPARITUALU(スパリチュアル) キューティカクテル】SPARITUALU キューティカクテル!

スパリチュアル キューティカクテル    

<成分>

ヒマワリ油、香料、ブドウ種子油、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、月見草油、アロエベラ葉エキス、モツヤクジュ油、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花/葉エキス、マロニエエキス、パパイアエキス、リンゴエキス、ショウガ根エキス

こちらはオーガニックとなっており通常どんなものも動物実験が行われておりますが動物実験のされていないナチュラルなものになります!香りは富士リンゴ《アップルジンジャー》で癒されるような香りとなってます!

ベタベタしてしまうオイルも少なくはないのですが、テクスチャーも柔らかくてベタつかないので馴染んでくれます。

動物を飼われている方にお話しするとこちらを選ばれることが多いですよ。

個人的にこの香りが今まで使ってきたネイルオイルの中でダントツ1位です♫

施術後にはこちらのオイルで仕上げてます!お客様にも大好評です!

スパリチュアルキューティカクテルの使い方

付け方は本当に少しで大丈夫です!毎日気がついた時に何度でも塗ってください。手を洗った後などだけでも変わると思いますよー!

チョンチョンチョンです◎笑そして優しく馴染ませてください。

ここで注意したいのが購入時はスポイトタイプで持ち歩きには
向いていません×Amazonや楽天にネイルオイルの柄ボトルを購入することも可能ですので小分けにして持ち歩いてもいいと思います◎

お勧めはペン型のタイプで、鞄の中で溢れてしまうなんて恐れも回避できて
適量が出てくれるのでとても塗りやすいです!

スパリチュアル

抗菌作用のある、 スパリチュアル フェアウェル

スパリチュアルフェアウエル

スパリチュアルのフェアウエルは、抗菌作用のあるネイルオイル。

スパリチュアルキューティクルカクテルと併用するのもおすすめ◎

<成分>

プロピルアルコール、水、レモン油、レモン果実エキス、ポリソルベート20、ティーツリー葉油、ユチャ種子エキス、メリアアザジラクタ種子油、アルコール、ハマメリス水

天然成分配合で雑菌の繁殖を予防し清潔してくれて衛生的に保ちながらコンディションの整ったネイルを育ててくれるんですね( ◠‿◠ )

アロマ成分によりレモン油、ティーツリー油にも優れた抗菌作用があり
ユチャ葉エキスには緑茶葉から抽出されて抗菌作用に鎮静効果、抗酸化作用があるんです♫

科学成分ではなく、ナチュラルな成分で安心して使えます。

ネイリストはよくコンペや検定前にモデルさんに協力いただいてこのトリートメントをつけてもらって爪をきれいに生やしてもらうことをお願いして二人三脚で頑張ってます^^

殺菌作用もあるので湿気の多い時期などに多いグリーンネイル予防などにも効果的ですよ◎

スパリチュアルフェアウェルの使い方

こちらも使い方ですがネイルオイルとは違って1日に2回程度が目安です。
掌を上に向けて爪とお肉の間に1滴垂らします。

スパリチュアルフェアウェルの使い方


プラスでオイルと同じ部分に垂らしてあらゆるところからトリートメントしてあるのもいいですね◎

ネイルなどで弱ったお爪、剥離したお爪にとても効果的です!


とにもかくにもネイルは保湿です!ホームケアで本当に変わります!

ネイルオイル、ネイルトリートメント共に私のサロンでもとてもお勧めする愛用中のスパリチュアルのケア用品です!

ぜひお試しください★

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。